How to 会社設立

STEP2 会社の名前を決めましょう。

会社を設立するにあたり、まずはどんな会社にするかその概要を決定していかなければいけません。何を目的とした会社なのか、会社の名称や、会社の場所、資本金の額や役員など、決定事項はさまざまです。すべてを決定し、登記を申請するまでに最低でも1ヶ月はかかると言われています。ここでは、登記を申請するために決めなければならない会社の概要をご紹介します。

会社の名前

あなたの会社を設立するために必要な会社の名前を決定しましょう。 いままで、会社を設立するにあたって、名前を考えていましたか?まるで子供の命名のようにワクワクする作業ですよね。でも、決めた名前が会社の運命を決めると言っては言い過ぎですが、それくらい大事なものだと思いませんか?

会社の名前は、いわば会社の顔。なるべく事業内容が想像できる名前が良いでしょう。もし事業内容がオシャレなどに関連するものであれば、きっとイケテル名前の方がオシャレ度もアップしますよね。名前にはその事業内容の印象を付ける効果もあるので、なるべく、センスの良い名前がよいでしょう。例えば、飲食店の場合は、料理の美味しそうな名前「彩食○○」などはいかがです?これは私が今考えたのですが、ありふれている名前ですよね・・ヾ(- -;)とにかく、名前にはそのお店の印象を上げる効果もあるので大事に決めましょう。

インターネットを活用して、同じ事業内容のお店の名前を参考にしてみるのもいいかもしれません。今はほとんどのお店が独自のホームページを持っているので、きっと検索するとたくさんのお店がヒットしますよ!オシャレでセンスのあるお店を参考に、あなたらしい、あなたの会社らしい名前が思いつくといいですね♪

また、アルファベットを会社名に使用することもできるんです。もし、世界進出を目指すのであれば、きっとアルファベット表記の名前がよいですよね。アルファベット表記の会社名でよく見かけるのは、「CO., LTD.(Company, Limited)」がついているもの。あなたもアルファベットの名前をお考えなら、付けてみてはいかがですか?

このように、会社の名前にアルファベットも使用できるので、どんな名前でも自由に決めていいと思われるかもしれません。しかし、実際ははそうではありません。会社設立時の、名前登記には、法律上の規約があり、それによると同一の所在地で、同一の名前は登記できないことになっています。 そのため事前に、同じ市町村で、同じ住所に、同じ名前の会社が設立されていないかチェックが必要です。これさえチェックしておけば、たいていの名前はOKがでると思いますよ♪ちなみに、会社の名前は「商号」と呼ばれていますので、会社設立の他のサイトで「商号」と言えば、会社の名前だということを頭に入れておきましょう。

recommend

医療用かつらを扱っている通販サイト

2018/7/26 更新

Copyright(c)2008. 会社設立へのステップ. all rights reserved.